保育士について@記事一覧

『保育士資格』は、平成15年度に国家資格となり、幅広い職業に対応できるようになりました。ほとんどの方が、保育士は乳幼児に関わる保育園に勤めるだけが仕事だと思っているようですが、実際には様々な職場で活躍しています。保育園以外では、病院や児童館、学童クラブ、ベビーシッター、児童養護施設や乳児院、障害児施設など、保育士の勤務が必要な職場は数多くあります。ただし、どの職場においても、仕事の基本は子どもを預...

未就学児童が通う施設の代表的なものに、『保育所』と『幼稚園』があります。それぞれ特徴があり、メリットデメリットがありますが、現在では保育所と幼稚園の一元化を図る『幼保一元化』の動きもあります。保育所・所管省庁・・・・・・・・・・・・厚生省・法令・・・・・・・・・・・・・・・・児童福祉法・入園できる年齢・・・・・・0歳〜小学校就学前・保育時間・・・・・・・・・・・・8時間以上・年間保育日数・・・・・...

保育士は、保育所以外にも、乳児院や児童相談所、病院や養護施設などにおいても設置義務があり、活躍の場は広くあります。保育士資格は国家資格で、更新の必要がない資格であるため、1度取得すると一生ものの資格です。女性は、結婚、出産、子育てと、離職しなければいけない時期がある場合があります。資格があれば復職しやすく、生涯現役として活躍している方もたくさんいらっしゃいます。保育士の働く現場として、ここでは私立...

保育士は、保育所以外にも、乳児院や児童相談所、病院や養護施設などにおいても設置義務があり、活躍の場は広くあります。保育士資格は国家資格で、更新の必要がない資格であるため、1度取得すると一生ものの資格です。女性は、結婚、出産、子育てと、離職しなければいけない時期がある場合があります。資格があれば復職しやすく、生涯現役として活躍している方もたくさんいらっしゃいます。保育士の働く現場として、ここでは公立...

保育士の職場は保育所だけではなく、児童相談所や養護施設、病院などでも配置を義務付けられています。多くは保育所で活躍していますが、資格を取得することでの活躍の場所は非常に多岐に渡っています。0歳〜就学前の6歳児までの小さな子どもと関わる仕事である保育士は、肉体的にも精神的にも非常に大変な職種だと言えるでしょう。まだまだ常識を知らない小さな子どもの行動は、大人を驚かせることも多く、ときには危険な場面も...

保育士の活躍の場は保育所だけにとどまらず、児童相談所や病院、養護施設や乳児院などでも求められています。保育士の配置が義務付けられている職場は多く、様々な場所での活躍が期待されている職業なのではないでしょうか。かつて、保育士という職業は『保母さん』と呼ばれ、女性だけの職業でした。現在では『保育士』と呼び方を改め、男性の活躍も目覚ましいものになっています。『保母さん』は、漢字にもあるように『母』として...

保育士になるためには、国家資格の保育士資格が必要です。保育士資格は1度取得すれば更新の必要がない一生ものの資格です。女性の社会進出が目覚ましく、当たり前のように女性が活躍している職場がたくさんあります。しかし、女性は結婚や出産、子育てなどで、一時的に離職する場合があります。企業では『産休』や『育休』を以て、女性の末永い社会での活躍をサポートしています。しかし、実際に結婚や出産、子育てなどを経て職場...

保育士の活躍の場は保育所だけではありません。乳児院、児童相談所、養護施設、そして病院などがあります。ここでは、病院で活躍する『病棟保育士』『医療保育士』についてお話ししましょう。病棟保育士と医療保育士は同じもので、病院などで勤務する保育士のことです。仕事の内容は、保育所で行う業務と同様、子どもの身の回りの世話や援助です。保育の専門知識だけではなく、看護や医療などの専門知識もある程度必要になります。...

『保育ママ』を知っていますか?保育ママとは、保護者が仕事や病気などで子どもの面倒を見ることができないのに、保育園に空きがなく入園できない場合に、子どもの保育する『家庭福祉員』のことです。子どもの年齢は0歳〜3歳まで、『保育ママ』の家などで保育を行います。ただし、各地方自治体で『保育ママ制度』があるところとないところがあり、ニーズの多い都心部などで多く見られます。地域によっては『保育ママ』という仕事...

2006年10月、「認定こども園」という制度が開始されました。認定こども園とは、どんなものでしょう。これまで保育園と幼稚園の基準は異なるものとなっていました。認定こども園の設立は、その基準を合わせた新しい保育施設を作ることが目的です。2006年10月、「認定こども園」に関する法律が新たに施行され、各都道府県でそれぞれの基準を満たした施設を「認定こども園」としました。認定こども園とは・子どもを預かる...

保育所における保育士の配置は、国が定めた「児童福祉施設最低基準」で決められています。保育士の配置基準・0歳児・・・・・・・子ども3人/保育士1人・1〜2歳児・・・子ども6人/保育士1人・3歳児・・・・・・・子ども20人/保育士1人・4〜5歳児・・・子ども30人/保育士1人上記が国が定めた配置基準ですが、実際にこの通りに子どもを預かると実はけっこう大変です。ですから実際の保育所では、配置基準の1.5...

保育園は、働く親御さんや、病気や介護などで子どものお世話ができない方に代わって、子どもを保育するところです。直接子どもとかかわるのは保育士で、国家資格の保育士資格を所有しています。しかし、子どもも病気やケガなどで保育園を休まなくてはいけない場合があります。仕事を持つ親御さんには、あまり長い間休むことができない場合もありますので、できれば病気が治ったら保育園に行かせたいと考えるでしょう。実際には、入...

保育士になるためには、国家資格の保育士資格が必要です。保育士資格は、1度取得すれば更新の必要がない一生ものの資格なので、生涯を通じて活躍することができる資格と言えますね。不況だ、就職難だと言われている時代ですが、保育士に関しては例外だと言えるのではないでしょうか。待機児童が減らない現実や、欲しい地域に欲しい数の保育園がないことなど、まだまだ課題が多い保育業界にあって、保育士のニーズは高まっています...

保育士は、かつて『保母さん』と呼ばれる女性の職業でした。まさに『母』をイメージした、母性を求められる職業だったと言えますね。現在は『保育士』と名前を改め、男性の保育士も増えています。男性に求められる部分も大いにある職場ではありますので、男性保育士の誕生によってより広がりを見せたと言えるでしょう。保育士にはどんなイメージを抱いているのでしょうか。「子どもと楽しく遊ぶ仕事」「歌ったり踊ったりする仕事」...

保育士は、かつて『保母さん』と呼ばれる女性の職業でした。まさに『母』をイメージした、母性を求められる職業だったと言えますね。現在は『保育士』と名前を改め、男性の保育士も増えています。保育士の仕事にはどんな印象を持っていますか。「子どもと楽しく遊ぶ仕事」「歌ったり踊ったりする仕事」「子どもが帰るまでの短い時間の仕事」など、ラクで楽しい仕事だと思っている方も少なくないのではないでしょうか。もしもそんな...

様々な業種で『派遣社員』が活躍しています。保育士にも『派遣』という選択肢があることをご存知でしょうか。保育士の資格を持ち働きたいと考えていても、それぞれの事情で正社員としての勤務が困難な場合があります。そんな場合もここで諦めず、派遣で働くということを視野に入れて考えてみましょう。派遣の保育士は、給料が時給になっています。しかし一般的な保育士よりも高額なのが特徴で、ボーナスはありません。勤務時間に関...

保育士になるためには、国家資格の保育士資格が必要です。保育士資格は、1度取得すれば更新の必要がない一生ものの資格です。ですから、結婚や出産などで離職しても、機会を見て復職することが可能です。また、万が一、就職した保育園が自分に合わず、仕事を辞めたいと考えて場合にも、資格がありますから保育士として転職することが可能です。転職サイトや求人サイトを見て探すといいですが、中には保育士専用求人サイトもありま...