保育所と幼稚園

未就学児童が通う施設の代表的なものに、『保育所』と『幼稚園』があります。
それぞれ特徴があり、メリットデメリットがありますが、現在では保育所と幼稚園の一元化を図る『幼保一元化』の動きもあります。

 

保育所

・所管省庁・・・・・・・・・・・・厚生省
・法令・・・・・・・・・・・・・・・・児童福祉法
・入園できる年齢・・・・・・0歳〜小学校就学前
・保育時間・・・・・・・・・・・・8時間以上
・年間保育日数・・・・・・・・規定なし
・先生の配置・・・・・・・・・・保育士1人につき:0歳児クラス3人、1〜2歳児クラス6人、3歳児クラス20人、4〜5歳児クラス30人
・給食・・・・・・・・・・・・・・・・義務
・保育者の資格・・・・・・・・保育士資格
・保育者の勤務体系・・・・シフト制、土曜保育など交代で出勤。
・保育内容・・・・・・・・・・・・子どもの年齢に合わせた保育、基本的な生活習慣の指導、健全な心身の発達を目的とした保育指導など

 

幼稚園

・所管省庁・・・・・・・・・・・・・文部科学省
・法令・・・・・・・・・・・・・・・・・学校教育法
・入園できる年齢・・・・・・・満3歳〜小学校就学前
・保育時間・・・・・・・・・・・・・4時間以上
・年間保育日数・・・・・・・・・39週を下回らない(特例あり)
・先生の配置・・・・・・・・・・・1クラス35人以下
・給食・・・・・・・・・・・・・・・・・任意
・保育者の資格・・・・・・・・・幼稚園教諭(幼稚園教諭免許)
・保育者の勤務体系・・・・・固定勤務
・保育内容・・・・・・・・・・・・・園により特徴あり

 

また保育所では、両親が仕事をしていることや病気であるなどの理由で、子どもの保育ができない状況であることが認められなければ、入所することができません。
幼稚園には入園条件はなく、それぞれの園で面接や入園試験がある場合があります。

実際にお仕事をしている保育士さんのお話し-『保育士のストレス』

保育士は体力気力のいずれもが充実してなければ、とても勤まる仕事ではありません。
朝の8時には子供たちが登園し始めますので、笑顔で「おはようございます!」と迎えます。
どの子にも気配り目配りをしながら、子供たちとしっかり向き合って過ごします。
暑かろうか寒かろうが、元気な子供たちとボール遊びや手遊びや、外遊びなどを一緒にします。
そんなときでもアンテナは常に張っていなければいけません。

 

行事やイベントの準備もありますし、父兄へ手紙を書いたり、連絡帳の記入は毎日です。
父兄からのクレームもありますし、父兄同士のトラブルや、子供同士のケンカが大事になってしまうこともあります。
子供がけがをすることは日常的ですが、父兄によって対応もそれぞれなので、場合によってはそのことが原因でトラブルになってしまうこともあります。
保育士は子供を預かることが仕事ですので、もちろん子供がけがをするようなことはあってはいけないのですが。
やはり子供ですから、小さなけがはしょっちゅうです。
中にはその小さなけがを取り上げて「もしもこれが大けがだったらどうするつもりだったんですか!」と息巻く父兄もいますが、大けがに至るようなことがないように気を付けているから小さなけがで済んだとは受け取ってもらえないようです。
「親は子供を人質に取られているようなものだ」と言われたときには、本当に悲しい想いになりました。

 

大切な子供さんをお預かりしていると、保育士はいつも肝に銘じて過ごしています。
子供たちは本当に可愛いし、私たちも大切に思っています。
そんな中で敵対心を持たれることは、本当に複雑な気持ちになってしまうのです。

 

保育士を続ける限り、このストレスから解放されることはないのかと思うと、辛くなってしまいますね。

保育士求人情報

《正社員》川崎市宮前区『みやまえだいら保育園』・宮前平駅徒歩4分《年間休日120日以上》
給与

月給:192,000円以上+諸手当

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県川崎市宮前区宮前平2-1-2ベルグ宮前平1階

 

《派遣》横浜市金沢区『YMCAマナ保育園』・能見台駅徒歩7分《未経験OKの求人》
給与

時給1100円〜1300円

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県横浜市金沢区能見台東1-1ビーコンヒル能見台イーストプラザ内

 

>>東京・神奈川・横浜の保育士求人はコチラ