私立保育所の保育士

保育士は、保育所以外にも、乳児院や児童相談所、病院や養護施設などにおいても設置義務があり、活躍の場は広くあります。
保育士資格は国家資格で、更新の必要がない資格であるため、1度取得すると一生ものの資格です。
女性は、結婚、出産、子育てと、離職しなければいけない時期がある場合があります。
資格があれば復職しやすく、生涯現役として活躍している方もたくさんいらっしゃいます。

 

保育士の働く現場として、ここでは私立保育所を例に挙げてお話ししましょう。

 

私立保育所

私立保育所は、保育士資格取得した方が最も多く就職する職場です。
保育所不足の問題、公立保育所の民営化など、私立保育所の求人は非常に多く、市町村にもよりますが、都心では保育士が仕事を失う暇がないと言われています。
私立保育所の場合は、気を付けたいのが『土曜出勤の振替休日』についてです。
ほとんどの保育所が土曜保育に対応している昨今、土曜出勤が当たり前となっており、その出勤に対しての振替休日があるのかどうか、あるいは休日出勤手当として収入に反映されるのか、求人に明記されていない場合にはうやむやにせずに面接のときなどに確認しましょう。
給与、ボーナス、各手当、勤務時間、休日、有給休暇、各休暇などに関しては、各保育所によって異なります。
いくつかの保育所の条件を照らし合わせて、ご自身に合ったところを選ぶと良いでしょう。

 

アルバイト・パート

また、私立保育所ではアルバイトやパートの形態で求人を出す場合があります。
一般的なアルバイトやパート同様に時間の融通が利き、フルタイムで働くことが困難な方にはオススメです。
せっかく取得した保育士資格ですから、結婚や出産をしても可能な形で就労することができれば良いですね。
アルバイト・パートは時給となりますので、働いた分だけの給料をもらいます。
ただし、クラス担任など重要なポジションを目指している方には不向きでしょう。

 

実際にお仕事をしている保育士さんのお話し-『保育士の仕事』

私は、子どもの頃から小さい子どもの面倒を見るのが好きでした。
親戚の集まりがあると、イトコの中で年長者の私が小さなイトコたち面倒を見ていました。
また、弟と妹がいますが、仕事をしている両親に代わってよく面倒を見ていました。
学校では下級生の子と遊んであげることが好きでしたし、公園などで知らない子どもと遊んであげることも有りました。
両親や親せきの人にも、「〇〇ちゃんはいいお母さんになるね」と言われたり、「将来は保育園の先生になったら?」と言われることもありました。
中学生になると本格的に将来のことを考え始め、私は本気で保育士を目指しました。
大学の保育科を卒業し保育士の資格を取り、地元の保育所に就職したのです。

 

ところが、実際に保育士の仕事をしてみると、考えていたものとは違いました。
もちろん学校で勉強していたときにもそれは感じていました。
しかし実際の業務は、本当に私の期待を裏切るものだったのです。

 

子どもたちと接している時間より雑務が多く、特に保育士1年生の私は1日中雑務に追われていることもありました。
子どもと接しているときも、子どもたちが喜ぶことばかりやっているわけにはいきません。
イトコや下級生が喜んでくれたような、子どもを喜ばせる私の本領は発揮されないのです。
私にとって、それはショックでもありましたが不満でもありました。
しかし、保育士の仕事は、子どもの機嫌を取って楽しく過ごしてもらうことではないということが、実感できました。
子どもの成長を促し、正しく成長してもらうためには、私の不満などワガママなだけです。
保育士1年生の私には、本当に勉強になりました。

 

しっかりした保育士になりたいと思います。

保育士求人情報

《正社員》横浜市泉区『そうてつ保育園GENKIDS緑園都市』・緑園都市駅徒歩2分《年間休日120日以上》
給与

月給:187,600円〜

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県横浜市泉区緑園2-1-3プラード2階

 

《派遣》横浜市青葉区『ベビーぽけっと松風台』・青葉台駅《未経験OKの求人》

給与

時給1100円〜1300円

施設形態

横浜保育室, 認証・認定保育園

勤務地

神奈川県横浜市青葉区松風台14-59

 

>>東京・神奈川・横浜の保育士求人はコチラ