保育士のやりがい

保育士の職場は保育所だけではなく、児童相談所や養護施設、病院などでも配置を義務付けられています。
多くは保育所で活躍していますが、資格を取得することでの活躍の場所は非常に多岐に渡っています。

 

0歳〜就学前の6歳児までの小さな子どもと関わる仕事である保育士は、肉体的にも精神的にも非常に大変な職種だと言えるでしょう。
まだまだ常識を知らない小さな子どもの行動は、大人を驚かせることも多く、ときには危険な場面もあるでしょうし、子ども同士のトラブルなどへの対応も要求されます。
しかし、大変だからこそ得られる達成感ややりがいもあります。

 

子どもたちに「せんせい!」「せんせい!」と慕われ、無条件の笑顔を向けられるたびに、「この職業に就いて良かった」と実感すると言います。
子どもたちの成長を傍で見ながら、親御さんやスタッフと一緒にその成長を喜び、卒園までを見守ります。
たくさんの行事では、子どもたちと共に達成感を味わい、スタッフ同士ではまた別の思いで労いと称賛をし合います。
行事があるたびに1年の中で四季を感じることができ、子どもたちの歌や遊びなどから成長とともに四季を感じることができます。

 

また、保育士の仕事の中には、親御さんとの関わりもあります。
保育所へ子どもを預ける方は、仕事や病気などで子どもの面倒を見られないという事情があります。
ですから、親御さんにとって保育士は、「我が子を預けて任せる人」という重要な存在です。
信頼関係ができるまでは時間が掛かるケースもありますが、そう考えると当然のことですね。
しかし、信頼関係ができると、親御さんと一緒に子どもの成長を喜んだり、様々な相談事があったりと、保育所という場所と子どもという存在を通じて、保育士個人と親御さんの関わりになってきます。
子どもの入園年齢にもよりますが、0歳に入園した子どもさんは小学校就学の6歳まで、6年間を保育所で過ごします。
長い関わりの後、卒園を迎えたときの感動や感傷的な感情は、保育士ならではではないでしょうか。

 

たくさんの感動や感激を味わうことができる保育士という職業は、一生涯の仕事としてやりがいを感じることができる職業だと言えますね。

 

実際にお仕事をしている保育士さんのお話し-『保育士の仕事、新しいお友達』

4月になると、新入園児が入園してきます。
昔は、途中入園も良くありましたが、最近は春の入園時期に定員が埋まってしまうので、引っ越しなどで欠員が出ない限りは途中入園児を見る機会があまりありません。
保育所の場合、幼稚園と違って0歳1歳2歳児で入園してくる子も多く、年少さんで入園してくる子の方が少ないくらいです。
今年は年少さんでの入園児が一人だけいました。
Rちゃんは、集団生活が初めてです。
お母さんはずっと仕事をしていたようで、Rちゃんはいつもおばあちゃんの家に預けられていたようです。
一人っ子で大人の中で育ったRちゃんですが、公園などで同年代の子と遊ぶ機会はあったと言います。
Rちゃんのお母さんは、年少での入園児が一人だけだと知って、不安を隠せずにいました。
すでにもっと小さい頃からできてしまっている仲良しグループの中に、我が子が入っていけるのだろうか、入れてもらえるのだろうか、親としては当然の不安感だと思います。
そんなとき、私たち保育士は子どもたちを信じて無理強いせずに見守ります。
子供は大人以上に人間関係を作ることがスムーズです。

 

Rちゃんを『新しいお友達』として紹介すると、年少クラスのお友達はあっという間にRちゃんの取り合いです。
「こっちで一緒に遊ぼう」「今度はお絵描きをしよう」「明日も来るの?」と、人気者になったRちゃんでした。
朝、お母さんとお別れするときは悲しそうに泣きますが、すぐに泣き止むようになりました。

 

私たち保育士の仕事は、そのほとんどが見守ることだと思います。
導くことは重要ですが、待つ時間のほうが長いでしょう。
同時に、お母さんの不安を取り除きこともまた、保育士の仕事の一つと言えますね。

保育士求人情報

《正社員》川崎市多摩区『にじいろ保育園 登戸』・登戸駅徒歩3分《未経験者歓迎の求人》
給与

月給:183,000円〜260,000円程度
※年齢・経験により異なります

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県川崎市多摩区登戸3329-6

 

《正社員》横浜市都筑区『すくすく保育園』・東山田駅徒歩12分《急募求人》
給与

月給:185,320円〜224,200円
※経験により変動あり

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県横浜市都筑区大棚町74-12

 

>>東京・神奈川・横浜の保育士求人はコチラ