保育ママ制度とは?

『保育ママ』を知っていますか?
保育ママとは、保護者が仕事や病気などで子どもの面倒を見ることができないのに、保育園に空きがなく入園できない場合に、子どもの保育する『家庭福祉員』のことです。
子どもの年齢は0歳〜3歳まで、『保育ママ』の家などで保育を行います。
ただし、各地方自治体で『保育ママ制度』があるところとないところがあり、ニーズの多い都心部などで多く見られます。
地域によっては『保育ママ』という仕事がないという場合もあり、まだまだ浸透していないのが現状です。

 

『保育ママ』は、地方公共団体の認定があればなることができます。
もちろん、誰にでもなれるというわけではありませんし、各市区で資格も条件も異なります。

 

条件で最も多いのは、『保育士』『幼稚園教諭』『助産師』『保健師』『看護師』などの資格がある方で、保育経験が豊富な方は優遇される場合が多いようです。
資格がない方で保育ママになりたい場合には、各区市町村で研修を受けなくてはいけません。
研修内容は、保育ママとしての専門知識などを中心に習得し、習得後に認定してもらいます。

 

条件の中には、自宅に子どもを遊ばせる十分なスペースがあることや、危険要素がないことなども大事な条件です。
ほかにもそれぞれの地域で条件が異なりますので、自治体へ問い合わせると良いでしょう。

 

一人の保育ママが預かることができる子どもは3人までです。
これは、保育園での規定と同じもので、3歳までの乳児の場合、保育士1人に乳児は3人までとなっています。
保育ママのほかに補助者がいる場合、子どもを5人まで預かることができます。
保育時間は午後6時までという場合が多く、保育料は20,000〜25,000円程度ですが、各市区町村で異なります。
時間外保育が設けられる場合、1時間500円程度が別途発生し、地域によっては雑費を請求するところもあるようです。

 

保育ママには補助金が支給される地域もありますが、補助金は施設の管理費などに当てられます。

 

まだまだ全国的に一般的にはなっていない制度ですが、今後ニーズが広がることが予想されますね。

 

実際にお仕事をしている保育士さんのお話し-『保育士の仕事で注意していること』

保育士の仕事は、子どもを預かり親御さんの代わりとなってお世話することです。
とてもやりがいのあるお仕事です。

 

日常で気を付けなければいけないことはたくさんありますが、私が最も気を付けていることは衛生面です。
最近は様々な感染症があり、気を付けていても次々感染してしまうこともあります。
インフルエンザや嘔吐下痢症など、一人でも感染した子がいた場合、ほかの子どもに感染することをなるべく防がなければいけません。

 

子どもはあちこちに手を触れます。
鼻水が出ても、ティッシュペーパーで拭くより先に手や袖口で拭ってしまう場合もあります。
全てを制御することはできませんので、園内の子どもが触れられる場所は1日に数回除菌剤で拭き取るようにしています。
また、トイレが終わったあとや、作業のあと、外遊びのあとや食事の前など、手洗いするときには指先から手首までしっかり洗えるように指導をしています。
家でも教えてもらった通りに洗っていると聞くと、とても嬉しくなりますね。

 

もちろん、保育士も同様に手洗いと消毒は小まめにしていますし、うがいもしっかりしています。
子どもさんが病気になると、親御さんは仕事を休まなければいけない場合が多いので、私たち保育士も子どもさんの健康面について気を付けたいと考えています。

保育士求人情報

《正社員》川崎市中原区『むさししんじょう保育園』・武蔵新城駅徒歩6分《完全週休二日制》
給与

月給:192,000円以上+諸手当

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県川崎市中原区上小田中2-35-44

 

《派遣》横浜市泉区『YMCAいずみ保育園』・相鉄線いずみ野駅からバス《年間休日120日以上》
給与

時給1100円〜1300円

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県横浜市泉区上飯田町1872-1

 

>>東京・神奈川・横浜の保育士求人はコチラ