認定こども園とは?

2006年10月、「認定こども園」という制度が開始されました。
認定こども園とは、どんなものでしょう。

 

これまで保育園と幼稚園の基準は異なるものとなっていました。
認定こども園の設立は、その基準を合わせた新しい保育施設を作ることが目的です。
2006年10月、「認定こども園」に関する法律が新たに施行され、各都道府県でそれぞれの基準を満たした施設を「認定こども園」としました。

 

認定こども園とは

・子どもを預かる時間は4〜8時間
・幼稚園教育要領に基づく教育と保育所保育指針に基づく保育を同時に行う
・保護者の就労などの理由がなくても入園できる
・対象年齢は、0歳〜6歳(小学校就学前)

 

つまり、幼稚園と保育園の良いところを取って合わせた施設が「認定こども園」なのです。
「認定こども園」ができた背景には、保護者のニーズがありました。
女性の社会進出が珍しいことではなくなり、不景気も手伝って両親が共働きをしている家庭は年々増加しています。
就労形態もさまざまで、保育園に子どもを預けたくても空きがない、或いは保育園に預ける条件を満たしていないケースが増え、待機児童が増加しています。
都心部では、多くの待機児童がいる状況の中で、反面、幼稚園の利用者が減少しているという現象が起きています。
仕事を持つ母親にとって、幼稚園は時間的な理由や休日の対応などで預ける対象にはならないということですね。

 

この状況を解決するために「認定こども園」が開始されたのです。
これまで幼稚園として運営していた施設が「認定こども園」を開始することで入園者が増え、利用者にとっても非常に利用しやすい施設となりました。
同時に、待機児童も減らすことができます。
また、「認定こども園」は幼稚園の教育と保育園の保育を取り入れていることから、子どもにも非常に良い影響を与えると考えられています。

 

「認定こども園」にはいくつかのタイプがあります。
・幼保連携型
・幼稚園型
・保育所型
・地域裁量型

 

それぞれ特徴があり、それぞれの良さがありますので、問い合わせてみると良いでしょう。

 

実際にお仕事をしている保育士さんのお話し-『保育士の職場の雰囲気』

保育士の職場は保育所や保育施設ですので、子どもがいて和気あいあいとしている印象を持つ人が多いようですね。
しかし実際には女性の職場ですので、そんなに和気あいあいとした雰囲気は望めません。
私はこれまで3軒の保育所で働いたことがありますが、大きな保育所では保育士の派閥がありましたし、小さな保育所ではいじめのようなことがありました。
職場の雰囲気は、上の人間にかかっているように思います。
園長や主任の人間性は、その職場の雰囲気に大きく影響するようです。

 

私が以前勤めていた保育所では、園長が小学校の校長を定年退職した方でした。
男性の園長で、保育士が仕事しやすいようにととても気遣いをしてくださる方でした。
その園長が退職して、次に来た園長も小学校の校長を退職された方でした。
今度は女性でした。
この方は、とてもワンマンで仕事のしやすさなど全く考えてくれない人でした。
また、父兄に対しても専業主婦の方を軽視して、職員会議ではとんでもない発言も多々ありました。
個人的にお酒が好きらしく、仕事が終わる間際になると職員を誘って、「子どもが待ってますので」や「主人に言ってきてないので」と断ると、「だからアンタたちはダメなんだ!」と平気で言うような人でした。
『結婚していても子どもがいても、職場の付き合いを第一に考えられない人間は大した仕事はできない』という持論があるようです。
結局、その園長の考え方についていけず、毎日がストレスになってしまい、その保育所は辞めました。

 

子どもや父兄への対応、行事や保育に集中できる保育所が良いですね。

保育士求人情報

《正社員》横浜市西区『にじいろ保育園 みなとみらい』・みなとみらい駅徒歩5分《未経験OKの求人》
給与

月給:183,000円〜260,000円程度
※年齢・経験により異なります

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県横浜市西区みなとみらい4-7MMミッドスクエア 3F

 

《派遣》横浜市戸塚区『アートチャイルドケア東戸塚』・東戸塚駅徒歩10分《急募求人》
給与

時給1100円〜1300円

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県横浜市戸塚区品濃町557-1第三常盤ビル 1F

 

>>東京・神奈川・横浜の保育士求人はコチラ