病後児保育

保育園は、働く親御さんや、病気や介護などで子どものお世話ができない方に代わって、子どもを保育するところです。
直接子どもとかかわるのは保育士で、国家資格の保育士資格を所有しています。

 

しかし、子どもも病気やケガなどで保育園を休まなくてはいけない場合があります。
仕事を持つ親御さんには、あまり長い間休むことができない場合もありますので、できれば病気が治ったら保育園に行かせたいと考えるでしょう。
実際には、入院後や病後の状態で、通常の保育園へ行かせるのは子どもには酷ですね。
また、水ぼうそうや手足口病など、感染症の場合には出校停止の期間が決まっています。
いずれの場合でも、親御さんが一緒にいることができれば問題ないのですが、そうもいかないのが現状です。
たびたび長く休むことは、職場を失うことにも繋がりかねませんし、場合によっては部署移動などされることもあります。

 

そのような事情のときに子どもを預けることができるのが「病後保育」です。
「病後保育」は、ほとんどの場合で医療機関や保育園に併設されており、保育中には小児科医が様子を見に来てくれます。

 

子どもは、「なんで今日なの?」というタイミングで熱を出したり、突然の感染症など、親御さんの仕事とは関係なく体調を崩します。
共働きが多い現在、「病後児保育」のニーズは増えて、徐々に施設が増えいます。

 

病後児保育の保育士

病後児保育の保育士には、病気の知識や子どもの状態の把握が求められます。
子どもを受け入れるときには、保護者からこれまでの症状・状態を聞き取り、保育中にも熱を計るなど状態を見る必要があります。
状態の急変には適切な対応が重要ですし、食べ物や水分を摂らせるなどの配慮も必要です。
また、子どもにとっては初めての場所で、体調が悪いとなれば、非常に不安を感じる場合が多いでしょう。
泣き止まない子やお母さんを呼び続ける子もいます。
そのような場合にも、ゆったり安心できる場所だと認識してもらえるように関わらなければいけません。
これは親御さんに対しても言えることで、安心感を与えるということは非常に重要ですね。

 

実際にお仕事をしている保育士さんのお話し-『職場の人間関係』

保育士の仕事は子どもを相手にしますので、実際にやってみるまでは人間関係で悩むことなど考えてもいませんでした。
子どもの笑顔を見て成長を見守り楽しいことや嬉しいことも多いですが、つらいことや大変なこともあります。
自分のイメージの中には子どものころに自分がお世話になった保育園の先生があったので、保育士は優しくて笑顔の人というイメージがありました。
ですが、考えてみたら保育士も一般人です。
嫌味を言う人もいれば冷たくて意地の悪い人もいます。
そんな人が保育士の仕事が務まるのかと不信感を抱きますが、そういう人ほど子どもや父兄の前ではニコニコしていて要領が良い気がします。

 

たぶん男性職員がひとりでもいれば雰囲気は変わると思いますが、今はまだ男性保育士が少なく、女性だけの職場がほとんどだと思います。
私がお世話になっている保育所は大きなところなので、保育士の人数も多く、派閥もあります。
採用になったときに私の教育係だった方が間もなく産休に入ってしまったので、私は派閥に加わることもなく、職場ではとても孤独です。
派閥に入っていないので揉め事を避けることもできますが、いつも頼る人や愚痴をこぼし合う人がいないのもとても辛いことがあります。
子どもは好きですし保育士の仕事も好きなので、仕事だと割り切って、乗り切るしかないと思います。

保育士求人情報

《正社員》横浜市中区『ニチイキッズ桜木町保育園』・桜木町駅徒歩3分《未経験OKの求人》
給与

月給:183,000円〜214,000円
※経験により優遇いたします。
※別途時間帯別手当てあり

施設形態

認証・認定保育園

勤務地

神奈川県横浜市中区花咲町1-17明光ビル1・2階

 

《正社員》横浜市金沢区『にじいろ保育園 サクセス金沢文庫』・金沢文庫徒歩5分《未経験OKの求人》
給与

月給:183,000円〜260,000円程度
※年齢・経験により異なります

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県横浜市金沢区釜利谷東2-18-22

 

>>東京・神奈川・横浜の保育士求人はコチラ