保育士の男女差

かつて保育士は『保母さん』と呼ばれる女性の仕事でした。
『母』という字が入っている通り、母性を求められる職業だったと言えますね。
現在では『保育士』と名前を変えて、男性の活躍も期待される業種となりました。

 

最近では、大学や短期大学の保育科でも約1割が男性となっており、保育士希望者の中に男性がいることに違和感がなくなってきました。
保育士の仕事は、「子どもと楽しく遊ぶ」「歌を歌ったり踊ったりする」などのラクで楽しいイメージがあるかもしれませんが、全くそんなことはありません。
体力と知識と忍耐が必要な職業だと言えますね。
ですから、男性保育士が必要な場面も多く、男性と女性それぞれの役割があります。

 

男性保育士は女性に比べて体力がありますので、子どもたちとの遊びもダイナミックで大胆なことができます。
体力的にも体格的にも女性には無理なことを、男性保育士にできることがあるということです。
また、運動会や、年中や年長の男の子の相手などは、男性保育士に向いていると言えますね。

 

女性保育士は、細かなことに気付いたり、ピアノや歌、子どもに優しく接する場面などでは安心感を与えることができますね。
0歳〜3歳くらいまでの小さな女の子に接するのは、女性保育士のほうがスムーズな傾向にあります。
もちろん男性保育士でもだんだん慣れてくれば問題はありませんが、一般的に小さな乳幼児は女性が接することを好むことが多いようです。

 

ほかにも、保育士の仕事には行事や様々な場面で力仕事が多くあります。
男性保育士がいることで、それまで重労働だったことが軽減されるかもしれませんね。

 

また、不思議なもので女性だけの職場よりも、男女が混合でいる職場のほうが人間関係がスムーズになるというデータもあります。

 

保育士という職業に男性が参加できるようになったことが、大人の事情だけでなく、子どもにとっても良い環境になるような形で反映しなければいけませんね。

実際にお仕事をしている保育士さんのお話し-『父兄との関係をうまく築けない』

保育士の仕事は、子どもとの関係と職場の人間関係のほかに、父兄との関係もうまく築かなくてはいけません。
自分が想像していたときには、どんなときでも笑顔で対応し、何か言われてもきちんと非を認めて、素直に対応しようと思っていました。
しかし実際には父兄に何か言われるときは、父兄の方が何かしらの不満を持っているときなので、そんなに簡単に納得してもらうことはできません。
特に、どう考えてもこちらに非がないときなど、父兄の理不尽な言い分に腹が立つこともあります。
子ども同士のケンカに、その場に居合わせない親が自分の子どもの言い分だけを聞いて信じて、「保育士の対応が悪い」「相手の子どもに謝らせろ」などというクレームは、解決の糸口さえ見つけるのが困難です。
しかし、私たち保育士は、どんなに理不尽なことを言われても、言い返したい言葉をグッと飲み込んで我慢し耐えなければいけません。
何かを言い返すと問題が更に大きくなり、二度と信頼関係を築くことができなくなってしまうからです。

 

しかし、実際には保育士が我慢している関係なので、そういう父兄とは本当の信頼関係を築くことはできないのかもしれません。
そんな中で本当に信頼してくださる父兄の方には、感謝の気持ちしかありません。
ストレスも多い仕事ですが、そんな父兄の方や子どもたちに報われる思いです。

保育士求人情報

《正社員》川崎市幸区『南さいわい町保育園』・尻手駅徒歩3分《完全週休二日制》
給与

月給:192,000円以上+諸手当

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県川崎市幸区南幸町3-97リバーセンタービル2階

 

《正社員》横浜市保土ヶ谷区『にじいろ保育園 サクセス和田町』・和田町駅徒歩1分《急募求人》
給与

月給:183,000円〜260,000円程度
※年齢・経験により異なります

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県横浜市保土ケ谷区和田1-15-3コーラル和田町 1F

 

>>東京・神奈川・横浜の保育士求人はコチラ