保育園における年齢を超えた交流

保育園には、0歳〜6歳までの未就学児童がいます。
基本的には年齢別にクラス分けをして、年齢に合った保育が行われていますが、保育園のメリットとして異なる年齢の子ども同士の交流ができるということがあります。

 

年齢の異なる子どもたちの交流は、大変興味深いものがあります。
5〜6歳児は小さな子どもと接することで、いつもよりしっかりとしたお兄さんお姉さんになり、普段メソメソしがちな子どもですら小さな子どもの面倒を見てあやしたりするのです。
また、普段の「遊ぶ」という感覚に「遊んであげる」や「遊んでもらう」という感覚も芽生え、大きい子どもも小さい子どもも遊びの幅が広がります。

 

特に兄弟姉妹がいない子どもにとっては、とても良い刺激になるようです。
おままごとでは、5〜6歳児がお父さんお母さんを、4歳児がお兄さんお姉さんを、3歳児が赤ちゃんの役を演じます。
年齢による役割分担は、そのまま子どもたちの学びに繋がります。

 

また、4歳児〜6歳児くらいの子どもには、赤ちゃんの面倒をみることが楽しくて仕方内容です。
普段の生活の中で赤ちゃんと触れ合うことがない子どもにとっては、滅多にない機会として楽しみます。
家に赤ちゃんがいる子どもにとっては、先生や友達の前で赤ちゃんのあやし方を披露する機会になり、褒めてもらえる機会にもなります。

 

いずれにしても保育士の見守りの中で行われなくてはいけないですし、万が一にもケガをさせたり怖い思いをさせる機会になってはいけません。

 

ほとんどの子どもが、年齢が異なる子ども同士の交流を喜びますが、中にはそれが苦痛だったり不安になる子どももいます。
そのような子どもは無理に交流させるより、ゆっくりと見守りながら、交流できるようになるお手伝いをしていきましょう。
保育士が一緒にいれば、交流しやすいでしょうし、いずれ保育士なしでも交流できるところに繋がる可能性もあります。
焦らず、一度に慣らそうとしないで、ゆっくりその機会を待ってあげるのも保育士の仕事ですね。

 

実際にお仕事をしている保育士さんのお話し-『保護者からの手紙』

保育士になって3年目。
去年は初めて担任を持つことができました。
年中クラスで2人担任制をとっているので、先輩保育士のアドバイスをいただきながら毎日が必死でした。
どのクラスでもそうですが、活発な子どももいるし、引っ込み思案な子どももいます。
私の担当クラスの年中さんには、度を超すほどの活発な男の子がいました。
ジッと座っていることが苦手で教室の中を歩き回ったり、一定時間のお話しを聞いていることができません。
常に何かに興味を持っているようで、「なんで?」「どうして?」という質問もとても多い子です。
正直、手を焼くこともありましたが、先輩保育士に「根気よく接しなさい」と言われており、自分の中で何度も「根気よく!」という言葉を繰り返していました。
ほかの園児への影響も考えなければいけませんでしたし、その子自身がカリキュラムに遅れを取らないようにしなければいけません。
その子の問題が大きくなり、職員会議の議題に上がることもありました。
担任であり、グループの担当でもある私には責任もあります。
私なりに「根気よく」向き合ってきたつもりです。
その甲斐もあって、年中さんが終わろうとしている年度末には、相手の顔を見てお話しを聞くという態勢を取れるまで成長しました。

 

そんな経緯があり、学年が変わるときにお母さまからお手紙をいただきました。
手紙には、面倒をかけたことへの謝罪を感謝の言葉が綴られていました。
「お陰さまで〇〇は保育所がとても好きです。そして親子ともども●●先生のことが大好きで一番に信頼しています」と締め括られた手紙を読んで、1年間大変でしたが報われた思いでした。

 

正直、辞めたいと思うほど辛いときもありました。
どうしたらいいのか分からず、ただ悩むばかりの自分が情けなくて投げ出したくなる日もありました。
今はただただ頑張ってきて良かったと思っています。

保育士求人情報

《正社員》横浜市旭区『太陽の子 白根保育園』・西谷駅徒歩11分《未経験OKの求人》
給与

月給:192,000円以上+諸手当

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県川崎市宮前区宮前平2-1-2ベルグ宮前平1階

 

《正社員》川崎市宮前区『みやまえだいら保育園』・宮前平駅4分《急募求人》
給与

月給:205,300円〜230,000円
※経験により決定。

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県川崎市麻生区百合丘1-24-9

 

>>東京・神奈川・横浜の保育士求人はコチラ