保育士の仕事、子どもの叱り方

保育士は、0歳〜6歳までの未就学児童を預かることが仕事です。
日常の中で、子どもと遊んだり、様々なことを通して子どもの成長を促します。

 

子どもが相手ですから、もちろん思うようにはいきません。
泣く子どももいれば、ワガママを言って困らせる子どももいますし、イタズラや喧嘩も日常茶飯事です。

 

保育士は子どもにとって愛情あふれる優しい存在でなければいけませんが、時には叱ることもありますね。
ここで注意しなくてはいけないのが、『叱る』と『怒る』の違いです。
『叱る』は、子どもの間違いを正したり、その先に成長することを想定した行動ですが、『怒る』は大人の怒りの感情を子どもにぶつける行為です。
その先に成長はありませんし、むしろ傷つけてしまいます。
『怒る』は絶対にしてはいけません。
もちろん、何かにかこつけて『怒る』のもダメです。

 

『叱る』という行動は、その場で簡潔に行うことがベストです。
幼い子どもには、時間が経過してからでは何を叱られているのか分からなくなってしまいます。
その場で、すぐに、簡潔に。
「教える」という気持ちが大切ですね。
保育士の感情は必要ありません。
時として、「心配」な気持ちが「怒り」になって表れてしまうことがあります。
「コラ!危ない!何やってるの!」や「そんなことするからケガするんでしょう!」など、つい声を荒げてしまうのが人間です。
しかし、保育士という立場にあっては、怒りの感情は出さないようにしなくてはいけません。

 

また、長々と叱っても、子どもには響きません。
話しを聞いていることに飽きてきますし、そうなると保育士の言葉は聞こえていませんよ。
そして、1発で直そうとするよりは、理解させることが大切です。

 

子どもにとって、叱られることは重要です。
上手に叱れる保育士さんを目指しましょう。

 

実際にお仕事をしている保育士さんのお話し-『先生大好き!という言葉』

学生時代からのお付き合いだった彼氏にフラれてしまいました。
保育士ですから、そんなときでも笑顔を絶やすわけにはいきません。
とは言え、やはり気持ちは落ち込んでいました。
夜も眠れなくなっていましたし、全てにおいて無気力になっていました。
保育士の仕事は子どもを預かることですので、そんな気構えでは保育士として失格だと思います。
しかし子どもたちにも、父兄の方にも、もちろん保育士仲間にも、誰にも悟られないように気丈に振る舞っていたので、気付かれていないと思っていました。
そんな中、一人の生徒が私のところへ来て私の首に抱き付くと、私の耳元で「先生大好き!」と言いました。
私にはその言葉が、全てを見透かされているように思えたのです。
幼い純粋な心から発せられた「先生大好き!」という言葉は、その時の私を癒してくれました。

 

保育士も人間ですから、仕事でもプライベートでもいろんなことがあります。
しかし私たちの仕事は、子どもたちに癒されるという特権付きなので、だから頑張れるのだと思います。
子どもたちの笑顔は何よりの元気の源となり、私たちは子どもを預かりながら、実はこちらがパワーをもらっています。
保育士になって良かったと思います。

保育士求人情報

《正社員》川崎市幸区『小学館アカデミーしんかわさき保育園』・鹿島田駅徒歩3分《年間休日120日以上》
給与

月給:192,000円以上+諸手当

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県川崎市幸区鹿島田1-1-3新川崎スクエア3F

 

《正社員》横浜市保土ヶ谷区『にじいろ保育園 サクセス和田町』・和田町駅徒歩1分《急募求人》
給与

月給:183,000円〜260,000円程度
※年齢・経験により異なります

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県横浜市保土ケ谷区和田1-15-3コーラル和田町1F

 

>>東京・神奈川・横浜の保育士求人はコチラ