保育士の仕事、子どもの喧嘩

保育園にはたくさんの子どもたちがいます。
喧嘩は日常茶飯事ですし、ある意味、子どもですから当然ですね。

 

大人は、子どもが喧嘩を始めると、それを止めようとします。
納得もしていない状況でお互いに仲直りすることを要求し、「はい、握手して」などとその場だけの仲直りをさせます。
それで満足するのは大人だけですね。

 

止めなくてはいけない喧嘩は、叩く、引っ掻く、押すなど、暴力が伴う喧嘩です。
それはケガをする前に止めなくてはいけません。

 

大切なのは、子どもに考えさせることです。
例えば、オモチャの取り合いで喧嘩になった場合。
「僕が使ってたのに」「そこに置いてあったもん」「でも使ってたもん」「その前に使ってたもん」「今は使ってなかったでしょう」
子どもの言い分は、どれも尤もですし、どっちも引きません。
しかしそこで大人の知恵を簡単に与えてしまったり、無理やり結論を出してしまうと、子どもにも理不尽さで納得できない思いは残ります。
会話を聞いて把握し、暴力がない限りは見守りながら口出しするのは我慢しましょう。
子どもは、やり取りの中で解決策を見つけ出します。
大人から見てそれが不公平であっても、どちらの子どもも納得していれば口出しする必要はありません。

 

ただし、それが上手くいかないケースもあります。
どうしても譲れない子どもや、相手を許せない子ども、泣くことで通そうとする子どもなど。
どうしても話が進まない場合には、少しの助言をしてあげましょう。
「貸して」「嫌だ」「貸してよ」「嫌だ!」どちらも譲らないケースですね。
「誰が使ってたの?」「順番に使おうね」「どうしたらいいかな?」など、決定的なところは子どもに任せるような助言が良いですね。

 

また、自分を押し通すために嘘をつく子どももいますので、嘘の見極めも重要ですね。
保育士は複数の子どもと関わり、全体を把握しなくてはいけません。
子どもは自分を見ていてくれるということに安心し、保育士への信頼が生まれます。
大人の押し付けは、喧嘩の場面では特に気を付けなくてはいけません。
大切なのは、納得するということです。
不満を残して、信頼を崩すような言動は、取り返しがつかない場合もあります。

 

子どもの喧嘩は、すぐには止めず、まずは見守りましょう。

 

実際にお仕事をしている保育士さんのお話し-『初めて送り出した園児』

今年、初めて自分が受け持った園児を卒園させました。
私は保育士になって、最初の1年間は保育助手をしていました。
2年目は、年中さんに副担任として勤めましたが、何度も主任や園長から呼び出され指導やダメだしをされました。
3年目は案の定、保育助手に戻ってしまいました。
そして4年目、ゼロ歳児のクラスの副担任になり、5年目6年目は持ち上がりで1歳児2歳児のクラスの副担任でした。
持ち上がったときは、嬉しかったです。
単純に外されなかったこともそうですが、子どもたちの成長を引き続きみられるということは、その経験がなかった私には特別のような気がしたのです。
そして7年目、やっとクラス担任を持たせてもらえました。
持ち上がりで、年少クラスでした。
8年目9年目とそのまま持ち上がり年中年長と担任を務めて、ゼロ歳児から見ていた子どもたちを今年卒園させることができたのです。
本当に感無量でした。
自分の軌跡と子どもたちの成長が重なって、何とも言えない感動がありました。

 

大きな保育園でベテラン保育士が多く、私は未だに一番の新人です。
やっと担任を持てたのも、そんなことが関係しているのかもしれません。
ベテランの先輩保育士からは本当に学ぶことが多く、学校では教えてくれなかったことをたくさん教えてもらっています。
担任になるまで時間がかかってしまいましたが、私はこの保育園で経験を積むことができることを幸せだと思います。

保育士求人情報

《正社員》横浜市鶴見区『矢向あけぼの保育園』・尻手駅徒歩15分《新卒・第二新卒歓迎》
給与

<四大卒>    189,800円
<短大・専門卒> 181,800円

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県横浜市鶴見区矢向1-5-26

 

《正社員》川崎市高津区『アートチャイルドケア津田山きらら』・津田山駅徒歩1分《未経験OKの求人》
給与

月給:189,000円〜219,000円
※経験、能力を考慮の上、優遇。

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県川崎市高津区下作延6-6-21アネックスK1F

 

>>東京・神奈川・横浜の保育士求人はコチラ