保育士の外見で気を付けたいこと

保育士にはどんなイメージを持っていますか?
保育士の方にとっては、「自分は保育士のイメージとは違うタイプだ」と思う方もいるでしょう。
もちろん保育士が、みんながみんな『保育士らしい』とは限りません。

 

しかし、子どもと接するに相応しくない服装や髪形、メイクなどは避けなくてはいけません。
見かけで判断するなと言う方が無理だと思わなくてはいけません。
人の印象は、最初の7秒で決まります。
その印象を変えるには、およそ100時間の接触が必要だと言われています。
信頼を得る必要がある保育士は、信頼を得られる外見を心がける必要があります。

 

爪を伸ばしたり付け爪をするなどしてネイルアートを施していては、子どもの柔らかい皮膚を傷つけてしまいそうです。
自分は「大丈夫!」と自信があっても、それを不快に思ったり不安を持つ保護者もいるでしょう。
濃いメイクや派手な服装なども、好ましくありませんね。
もちろん、それを気にしない人もいるでしょう。
しかしたくさんの子どもを預かる保育士の仕事は、少数派ではなく全体に不快感を与えない必要がありますね。

 

保育士は子どもの良いお手本でなくてはいけませんし、遊びにも指導にも一生懸命であることが求められます。
優しく明るく、常に笑顔の保育士は、子どもにも保護者にも好まれます。
「自分は好かれなくても良い」など、エゴでしかありませんよ。
好かれるような保育士である責任があります。
相手に与えるイメージは、自分の責任で見直しましょう。

 

実際にお仕事をしている保育士さんのお話し-『保育士が受ける誤解』

私は保育士の正社員になって5年目。
保育士としてはまだまだ新人の域です。
私の保育所では、ほとんどの保育士が正社員で10年以上のベテランで私は一番下っ端です。
まだまだ勉強不足ですが、日々頑張って努力を続けています。

 

先日、同窓会がありました。
とても楽しみにして出掛けたのですが、みんなで近況報告をし合っていたときのことです。
私が保育士であることを話すと、「いいな〜、子どもと遊んでいて仕事になるんだもんね」と言った人がいたのです。
この言葉に、私はとてもショックを受けました。
「子どもと一緒にお昼寝するんでしょう?」
「給食も食べられるんでしょう?」
と、次々言われる言葉は、『保育士って楽でいいね』ということを意味するものばかりでした。
「遊んで月給がもらえるんだからいいよね」
私はとうとうキレました。

 

保育士の仕事は子どもと遊ぶことではありません。
子どもがお昼寝をしているときには、別の仕事があります。
お遊戯会や運動会の前には、その準備で夜遅くまで連日残りますし、その上家に仕事を持ち帰ることもあります。
中には、付きっきりにならなければいけない子どももいるし、父兄の中には難しいタイプの方もいます。
普通の会社のように上下関係もありますし、上司に叱られたり小言を言われることもあります。
しかも、8時間勤務のはずなのにサービス残業があり、10〜12時間勤務というのも当たり前。
それでいて、月給も安い・・・

 

それでも子どもたちの前では、常に笑顔でいなければいけません。

 

世間の誤解が悔しいと思うこともありますが、私がなりたかった保育士なので大変ですが頑張ろうと思います。

保育士求人情報

《正社員》横須賀市『にじいろ保育園 サクセス久里浜ポピー』・京急久里浜駅徒歩2分《急募求人》
給与

月給:183,000円〜260,000円程度
※年齢・経験により異なります

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県横須賀市久里浜4-12-2リヴィエール久里浜 2F・3F

 

《正社員》横浜市港北区『聖保育園』・大倉山駅徒歩3分《未経験OKの求人》
給与

197,000円〜210,500円
※年齢・経験により異なる

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県横浜市港北区大倉山3-41-17

 

>>東京・神奈川・横浜の保育士求人はコチラ