保育士への道!記事一覧

保育士が活躍する職場は、保育所だけではありません。病院、乳児院、児童相談所や養護施設などにおいても、保育士の配置は義務付けられています。また、保育士資格は国家資格であり、1度取得すると更新の必要がないため、一生ものの資格と言えますね。女性は、結婚や出産、子育てなどで一時的に離職してしまうことがありますが、資格があれば年齢に関係なく復職することが可能です。保育士の資格を取得するには、大きく分けると2...

都道府県ごとに行われる保育士試験は、年に1回、全国統一の日程で行われ、重複して受験することができない仕組みになっています。試験問題も全国統一となっており、第一次試験は『筆記試験』、筆記試験で合格した方が『実技試験』を受験することができます。『筆記試験』は、全科目全問五択のマークシート方式です。『実技試験』は、『音楽・絵画制作・言語・一般保育』から3分野を指定され、受験生はその中から2科目を選択して...

保育士になるためには、国家資格の保育士資格を取得し、保育士登録をしなければいけません。ただし、誰でも保育士資格を取得できるわけではなく、まずは保育士試験の受験資格がなければいけません。保育士試験を受験資格・短大、もしくは専門学校を卒業、または卒業見込みの方・高等学校を卒業、最終学歴が高卒の方・大学、もしくは短大に2年以上在籍し62単位以上修得した方・大学、もしくは短大に1年以上在学し、年度中に62...

国家資格である保育士は、1度取得すると更新などの必要はなく一生の資格として所持することができます。保育士の活躍の場は保育園だけでなく、児童相談所や病院、乳児院、病院など、様々な職場で必要とされています。結婚や出産などにより仕事を一時的に辞めたり、或いは働き方を変えたりと変化のある女性にとって、復職しやすい保育士の資格は非常に有利だと言えるでしょう。保育士資格の取得方法は2つあり、一つは『国家試験の...

保育士は、0歳〜就学前の6歳児までの子どもを預かる保育所や、乳児院、病院、養護施設など、様々な職場で活躍することができます。保育士資格は国家資格で、1度取得すると更新の必要はなく、一生活かすことができる資格と言えます。保育士資格を取得するには、いくつかの方法があります。独学、通信教育、4年制大学、短期大学、専門学校。それぞれに期間も費用も異なり、メリットデメリットがありますね。ここでは、方法別に費...

保育士になるためには、保育士資格が必要です。保育士資格は国家資格で1度取得すれば更新の必要はないため、結婚や出産、子育てなどで一時的に離職していても、復職することが可能です。女性にとって嬉しい資格と言えますね。保育士試験は筆記試験と実技試験があります。ここでは、保育士資格筆記試験についてお話ししましょう。保育士試験筆記試験は全部で9科目、全ての科目で合格しなければいけません。9科目・社会福祉・児童...

保育士になるためには、保育士資格が必要です。保育士資格は国家資格で、1度取得すると更新の必要がない一生ものの資格です。結婚や出産、子育てなどで一時的に離職した場合でも、この資格があれば、それまでの経験やスキルを無駄にすることなく復職することが可能です。就職先を選ぶときには、誰でも慎重になりますね。安易に決めてしまわず、しっかりと選んで応募するようにしましょう。良い例・複数の保育所のパンフレットを見...

保育士になるためには、保育士資格が必要です。保育士資格は国家資格で1度取得すると更新の必要はありません。女性は結婚や出産、子育てなどで一時的に離職することがありますので、資格があれば復職しやすいと言えますね。保育士試験には『筆記試験』と『実技試験』があります。『筆記試験』は9科目あり、全ての科目でそれぞれ60%以上の正解がなければ合格できません。『筆記試験』に合格すると、次は『実技試験』です。実技...

保育士になるためには、国家資格の保育士資格が必要です。保育士資格は、1度取得すると更新の必要がない一生ものの資格なので、結婚や出産、子育てなどで一時的に離職した場合でも、この資格があればそれまでの経験やスキルを無駄にすることなく復職することが可能です。就職先を選ぶときには誰でも慎重になりますが、早く決めたいという気持ちや、誰かの勧めで安易に決めてしまうケースもあります。就職先を決めるときには、しっ...

あなたは、ご自身のお子さんをどんな人に預けたいですか?どんな人なら、安心して預けることができますか?企業が人材を雇用するときには、どの業種においてもそれぞれの条件があります。ここでは、保育士が求められる条件について考えてみましょう。まず、保育士資格を所持していることが第一条件ですね。そして、これはどの業種でもそうかもしれませんが、信頼できる人材であること。従業員、スタッフとの関係が円滑であること。...

保育士は、国家資格の保育士資格が必要です。1度資格を取得すれば、更新することなく一生モノの資格ですので、結婚や出産などで一時的に離職しても再就職でそれまでの経験やスキルを活かすことができますね。ただし、保育士資格を取得しても、就職が決まらなければ保育士として仕事をすることができません。保育士採用には、必ず面接があり、個人面接と集団面接があります。個人面接個別面接は、面接官が複数に対してひとりで面接...

保育士になるためには、国家資格の保育資格が必要です。保育資格を取得する方法はいくつかありますが、1度取得してしまうと更新の必要がない資格ですので、一生ものの資格ですね。女性の社会進出の先駆けでもあった『保母さん』ですが、最近では『保育士』と呼ばれ、男性の保育士も増えていますね。保育士になるためには資格が必要ですが、資格だけがあっても就職できなければ保育士として活躍することはできません。また、就職が...

保育士になるためには、国家資格の保育士資格が必要です。保育士資格を取得したら保育士登録をし、晴れて保育士になることができます。しかし、実際に保育士として活躍するためには、保育士として就職しなければいけません。保育士になるための夢を叶えるための最後の一歩ですね。どんな職種でも採用試験や面接などがあり、履歴書を持参します。履歴書には、ほとんどの場合で『志望動機』という記入欄がありますね。この『志望動機...

保育士になるためには、国家資格の保育士資格が必要です。短期大学や大学、専門学校を卒業すると保育士試験を受験しなくても保育士になることができます。そして、学校でのカリキュラムに必ずあるのが『保育園実習』『幼稚園実習』『施設実習』です。実習は、保育士として子どもと関わり、保育の現場で実際に保育士の仕事を体験して行われます。子どもたちと接する機会は非常に貴重ですし、現役の先生方から学ぶことも多いでしょう...