保育士への道!〜採用面接〜

保育士は、国家資格の保育士資格が必要です。
1度資格を取得すれば、更新することなく一生モノの資格ですので、結婚や出産などで一時的に離職しても再就職でそれまでの経験やスキルを活かすことができますね。

 

ただし、保育士資格を取得しても、就職が決まらなければ保育士として仕事をすることができません。
保育士採用には、必ず面接があり、個人面接と集団面接があります。

 

個人面接

個別面接は、面接官が複数に対してひとりで面接を受けます。
面接官の人数はそれぞれですが、3〜5人程度でしょう。
面接時間は20分程度を想定すると良いですね。
個人面接は自分をアピールしやすく、質問の答えがほかの人と同じになることがないので答えやすい反面、やはりひとりで対応することへの緊張は拭えないでしょう。

 

 

集団面接

集団面接は、複数の面接官に対して3〜6人程度の受験生の面接になります。
質問に対して、自分が言おうと思っていたことをほかの人が言ってしまった場合、別の答えを用意する余裕があれば良いですが、無理に絞り出して失敗するよりは同じことを落ち着いて話したほうが良いでしょう。
できれば、様々な観点で話せるようにしておくと良いですね。
また、ほかの人の答えに対する感想や意見などを求められることもありますので、しっかりとほかの方の話しも聞くようにしましょう。
答えるときには、的確なポイントを押さえて簡潔に分かりやすく話すということです。
長くなればなるほど伝わりません。

 

面接での質問

・自己PR
・自分の性格、長所短所
・学生時代の実績
・保育士志望の理由
・保育士になったら何をしたいか
・どんな保育士を目指しているか
・最近のニュースや出来事で気になること

 

人の印象は、初対面の7秒で決まってしまうと言います。
その印象を覆すには、実に30時間の時間が必要だそうです。
面接で最初に持たれた印象が、合否に関わることはお分かりですね。

 

「人は見た目で判断するな」と言いますが、見た目の印象が第一印象です。
相手に伝わる部分をフルに活用するなら、考え方や知識などと同様に、見た目の改善も必要かもしれませんね。
自分を映して、最終チェックをしてみましょう!

実際にお仕事をしている保育士さんのお話し-『両親の職業、保育士になりました』

私の両親は保育士でした。
元々、父方の祖父が保育園を経営しており、それを継ぐ形で父は職員として祖父の保育園で働いていたそうです。
そこへ当時保母さん(現・保育士)として母が働き出し、お付き合いをして結婚に至ったそうです。
母は、父にはもちろんですが、祖父にも見初められたようで、「是非に!」と望まれて結婚したという話しです。

 

私も小学校へ行くまでは、祖父の保育園に通っていました。
母が受け持ちだったわけではありませんが、両親がそこで働いていることは子供ながらに知っていました。
そんな環境で育ち、自宅も保育園に隣接していたため、私は自然と仕事に就くなら保育士だと思うようになりました。

 

保育士の資格を取ってから、まずは外の保育園へ修行に行きたかったのですが、同じ地域では保育園経営者の娘を雇ってくれる保育園はありませんでした。
そこで、一旦は県外の保育園に就職をしました。
自分の家の保育園以外を見る機会は初めてでしたし、保育園の現場を多少は知っているだけに戸惑うことも多かったです。
園長にもほかの先生方にも私の実家が保育園だということは話してありましたし、修行を目的としていることも話しました。
すると園長の提案で、それぞれの保育士を研修という形で交換する計画が持ち上がりました。
これは、とても刺激になったと思います。
子供たちがいるので長期の研修は無理ですが、短期研修という形で行われました。

 

その保育園では5年間お世話になりました。
いまは父が代替わりして園長を務める保育園に勤めています。
今でもお世話になった保育園とは交流があり、短期研修は毎年行われています。

保育士求人情報

《アルバイト・パート》横浜市鶴見区『理化学研究所 りけんキッズよこはま』・鶴見駅バス10分《小規模保育園の求人》
給与

時給:940円
※業績に応じて、賞与(おつかれさま賞)あり!

施設形態

企業内保育

勤務地

神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22

 

《正社員》横浜市泉区『千丸台保育園』・バス「千丸台団地」下車徒歩3分《急募求人》
給与

月給:185,320円〜224,200円
※経験により変動あり

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県横浜市保土ヶ谷区新井町356-3

 

>>東京・神奈川・横浜の保育士求人はコチラ