保育士資格取得への道!保育士試験とは?

都道府県ごとに行われる保育士試験は、年に1回、全国統一の日程で行われ、重複して受験することができない仕組みになっています。
試験問題も全国統一となっており、第一次試験は『筆記試験』、筆記試験で合格した方が『実技試験』を受験することができます。

 

『筆記試験』は、全科目全問五択のマークシート方式です。
『実技試験』は、『音楽・絵画制作・言語・一般保育』から3分野を指定され、受験生はその中から2科目を選択して受験します。
国家資格としては難易度が高くない資格ですが、合格率は10〜20%程度と決して高いとは言えず、難易度を示しています。

 

尚、1種か2種の幼稚園教諭免許の所有者は、科目免除願に『幼稚園教諭免許状』『教育職員免許状授与証明書』の写しを提出すれば、筆記試験科目の『保育の心理学』と『教育原理』、二次試験の『実技試験』が免除となります。

 

受験申請に必要なもの

・受験申請書(写真貼付)
・受験手数料 : 12,900円(内訳 受験料12,700円 + 受験の手引き郵送料200円)
・卒業証明書など、受験資格を証明する書類

 

・受験資格を証明する書類が現在の姓名と異なる場合 : 戸籍抄本
・幼稚園教諭免許所持者が科目を免除する場合 : 科目免除願

 

・受験申込期間 : 3月末頃〜5月上旬頃
・筆記試験 : 8月上旬頃
・実技試験 : 10月中旬頃

 

お問い合わせは、全国保育士養成協議会や各都道府県庁の保育士試験係へ。

 

尚、『保育士養成課程』が設置されている厚生労働省指定の大学・短大・専門学校を卒業すれば、保育士試験を受験する必要はありません。

 

実際にお仕事をしている保育士さんのお話し-『想像以上に仕事がキツイ』

保育士の仕事は、意外と給料が安いです。
子ども相手に遊んで、給食を食べてお昼寝をする、楽な仕事だという方もいますが、それは仕事のごく一部です。
もちろん保育士が昼寝をするということはありません。
子どもが昼寝中には、保育士にはやらなければいけない仕事があります。

 

給料が安い割りには、仕事量が多く、内容も非常にハードです。
残業も多く、しかし労働基準法に引っ掛からないように配慮されているため、残業でやり切れなかった仕事は家に持ち帰って片付けます。
深夜までかかってやっと終わって、翌日が早番だった日は最悪です。
それでも園児や父兄には笑顔で応対しなくてはいけません。
本当に体力が持ちませんし、精神力も限界ということもあります。
そして、残業をしても全てに残業手当がつくわけではありません。

 

給料面や仕事量、残業手当がしっかり付かないことで転職していく知り合いは、多いです。
保育士だけの座談会があったら、90%が不平不満だと想像できます。

 

この仕事は夢を持って目指す方が多いだけに、現実を知るとその落差に大きく落胆する方が多いと思います。
ただ、せっかく資格があるのでなかなか別の職種という風に考えることが、私はできずにいます。
でも、結婚したら寿退社をして、復帰はしないだろうと思います。

保育士求人情報

《正社員》横浜市港北区『つなしま保育園』・綱島駅徒歩8分《未経験OKの求人》
給与

月給:192,000円以上+諸手当

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県横浜市港北区樽町2丁目13-27

 

《正社員》横浜市戸塚区『にじいろ保育園戸塚』・戸塚駅徒歩3分《未経験OKの求人》
給与

月給:200,000円〜262,000円程度
※年齢・経験により異なります

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4915-4

 

>>東京・神奈川・横浜の保育士求人はコチラ