保育士資格取得への道!〜筆記試験〜

保育士になるためには、保育士資格が必要です。
保育士資格は国家資格で1度取得すれば更新の必要はないため、結婚や出産、子育てなどで一時的に離職していても、復職することが可能です。
女性にとって嬉しい資格と言えますね。

 

保育士試験は筆記試験と実技試験があります。
ここでは、保育士資格筆記試験についてお話ししましょう。

 

保育士試験筆記試験は全部で9科目、全ての科目で合格しなければいけません。

 

9科目

・社会福祉
・児童家庭福祉
・保育の心理学
・子どもの保健
・子どもの食と栄養
・保育原理
・教育原理
・社会的養護
・保育実習理論

 

合格のラインは各科目ごとに60%以上です。
全体で60%以上の正解率でも、1つの科目でも60%を下回ると合格はできません。
ですから合計点が同じであっても、各科目の点数次第で明暗を分けてしまうということです。

 

一部科目免除

全ての科目で合格すると、実技試験に進みます。
1つの科目でも60%の正解率を下回ると不合格になりますが、保育士筆記試験には『一部科目免除』というシステムがあります。
今年合格した科目が翌々年まで免除され、合わせて全て合格すれば実務試験に進めるというシステムです。
翌々年まで免除されますので、最長で3年かけて合格すればよいということになりますね。
最初から2年計画・3年計画で受験するという方もいらっしゃいます。
1年で合格できなくても、自信をもって翌年の受験に臨めるよう、さらに学習を続けることをオススメします。

実際にお仕事をしている保育士さんのお話し-『保育士の仕事で気を付けていること』

保育士が最も気を付けなくてはいけないことは、子どもの『安全面』だと思います。
子どもが安心して過ごし、親御さんも安心して預けられる環境である必要があります。
ですから保育士は、常に環境を考慮して作る必要がありますし、子どもの様子も把握していなくてはいけません。

 

登園前には、ホールや保育室、園庭など、子どもが使用する場所に危険がないようにします。
また、子どもが遊んでいるときや保育時間などは、子どもが危険な行為をしていないか、危険な場所に踏み入れていないかを見ていなければいけません。
常に目を光らせておかなければいけないので、とても神経を使い、1日が終わる頃にはクタクタに疲れています。

 

また、子どもに必要以上に手を貸さないようにすることも気を付けなくてはいけません。
保育士の仕事には、子どもの生活を援助するという役割もあります。
しかしやりすぎると子どもの成長を妨げますし、場合によっては子どものやる気も奪ってしまうことになり兼ねません。
子どもへの援助は、加減が非常に難しいです。
見守ることも大切ですし、手を貸すことも大切です。
できるとことは見守って、できないところは手を貸す。
一見、簡単そうですが、理論と実践には差を感じてしまいます。
一人一人に合わせるということも重要ですね。

 

とても大変な仕事ですが、だからこそやりがいを感じて、自分も保育士として成長していきたいと思います。

保育士求人情報

《正社員》横浜市都筑区『ポピンズナーサリースクールセンター南』・センター南駅徒歩8分《経験OKの求人》
給与

月給:205,300円〜230,000円
※経験により決定。

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央40−3グランクレールセンター南1F

 

《正社員》横浜市中区『ニチイキッズ桜木町保育園』・桜木町駅徒歩3分《急募求人》
給与

月給:183,000円〜214,000円
※経験により優遇いたします。
※別途時間帯別手当てあり

施設形態

横浜保育室, 認証・認定保育園

勤務地

神奈川県横浜市中区花咲町1-17明光ビル1・2階

 

>>東京・神奈川・横浜の保育士求人はコチラ