保育士資格取得への道!〜実技試験〜

保育士になるためには、保育士資格が必要です。
保育士資格は国家資格で1度取得すると更新の必要はありません。
女性は結婚や出産、子育てなどで一時的に離職することがありますので、資格があれば復職しやすいと言えますね。

 

保育士試験には『筆記試験』と『実技試験』があります。
『筆記試験』は9科目あり、全ての科目でそれぞれ60%以上の正解がなければ合格できません。
『筆記試験』に合格すると、次は『実技試験』です。

 

実技試験は、3科目から2科目の選択で受験します。

 

・音楽表現に関する技術
・造形表現に関する技術
・言語表現に関する技術

 

合格ラインは筆記試験と同様、各科目60%以上が合格ラインとなっています。
実技試験は筆記試験と違って、どちらかが合格しても翌年に持ち越すことはできません。

 

実技試験は事前に課題が決まっており、『保育士試験受験の手引き』に問題が掲載さます。(毎年4月頃から請求できます)
ですから準備する期間があり、筆記試験後の日程を確保しておくと良いですね。

 

実技試験の合格率は非常に高く、各科目で90%以上の合格となっています。
3科目中2科目の選択ができますので、得意な分野で挑戦できるということも利点ですね。

 

音楽表現に関する技術

予め指定された課題曲2曲をピアノで弾き歌いする。(またはギター、アコーディオン)

 

造形表現に関する技術

試験当日に課題(表現に関する条件)が提示されます。
HB〜2Bの鉛筆、12〜24色の色鉛筆、消しゴムを各自用意します。

 

言語表現に関する技術

予め用意した童話など、3分間の口演をします。
20人程度の3歳児クラス、4歳児クラス、5歳児クラスの幼児に、集中して話を聞かせるという想定での口演になります。
題材は自由です。(自作・他作、童話・神話・民話・伝説・昔話など)

 

実際にお仕事をしている保育士さんのお話し-『保育士は女性の職場』

保育士になって13年です。
保育士は、最近でこそ男性もいますが、基本的には女性の職場です。
私の保育所にいる男性と言えば、用務員のおじさんだけです。

 

女性の職場は人間関係が難しいと言いますが、まさに私の職場でもそうです。
園長の派閥と理事長の派閥があり、保育士同士も派閥が違えば所内では業務以外の話しをすることはありません。
本当に息が詰まります。
もちろんみなさんプロですので、仕事に支障を来たすことはありません。
しかし仕事が楽しいかと言えば、全く楽しくはありません。
元々子どもが好きなので続けていますが、年長さんを受け持った年には「この子たちを卒園させたら辞めよう」と毎回思ってしまいます。

 

そして女性の職場では、全く出会いがありません。
仕事は忙しいので、職場と自宅の往復ばかり。
行事の前には準備しなくてはいけないものの作成などで、徹夜になることも少なくありません。
婚活の場では、保育士の資格があることはプラスポイントのようですので、そういう機会も必要かもしれないと思い始めています。
ただ、女性ばかりの職場で、子どもを相手にしているので、男性の方と会話をする自信が全くありません。
仕事も婚活も充実させるには、いまの環境は厳しいのかもしれません。

保育士求人情報

《正社員》川崎市中原区『むさししんじょう保育園』・武蔵新城駅徒歩6分《急募求人》
給与

月給:192,000円以上+諸手当

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県川崎市中原区上小田中2-35-44

 

《正社員》川崎市宮前区『みやまえだいら保育園』・宮前平駅徒歩4分《急募求人》
給与

月給:192,000円以上+諸手当

施設形態

認可保育園

勤務地

神奈川県川崎市宮前区宮前平2-1-2ベルグ宮前平1階

 

>>東京・神奈川・横浜の保育士求人はコチラ